ブックメーカーの解説サイトです。日本語サポートの充実した優良ブックメーカーの紹介や、入出金について解説します。

エントロペイ(entropay)を徹底解説!~詳細・評判・特徴教えます。~

en%e5%be%b9%e5%ba%95%e8%a7%a3%e8%aa%ac64-02
 
ここではエントロペイ(entropay)のセキュリティや利用のメリットなど、わかりやすく徹底的に解説しています!
 

エントロペイ(entropay)

エントロペイ(entropay)ロゴ

ネッテラーに代わる大注目のブックメーカー入出金サービス!対応会社が多く、安全性も最高水準◎

 

エントロペイ(entropay)とは

エントロペイとは、ネットゲームやオンラインカジノ、ブックメーカーなどで入出金に使える、プリペイド型バーチャルVISA カードのことです。
またエントロペイは、Financial Conduct Authority(FCA)という、イギリスの金融サービス業者を監督する審査に厳格な機関の統制下で運営されていることから、安心して利用できるオンラインサービスとなっています。
エントロペイは、2003年からIxaris Systems Ltdにより運営され、これまで安全・迅速に資金を送受金するサービスを提供し続けています。
このことからも、世界各国で多くの業界や人に利用され続ける信頼のおけるサービスとなっています。
 

 

エントロペイ(entropay)のセキュリティ

ネットを利用する人たちにとって、第3者による不正アクセスや個人情報流出は最も避けたいことのひとつです。ここではエントロペイのセキュリティについて解説していきます。
 

エントロペイはセキュリティ体制が万全!

エントロペイの信頼できる安全性

最高水準のファイアウォールやウイルス検知システムによって不正アクセスや改ざんからエントロペイ利用者のデータを保護しているので、個人情報流出等の脅威にさらされる事もありません。
 

信頼できる電子取引システム

エントロペイは、国際的な大手認証局であるGoDaddyが提供するsmart seal技術(迅速かつ信頼性の高いウェブサイトの身元証明を提示する)を導入しているため、あらゆる電子取引の安全を保障しています。
※認証局:電子取引事業者等を対象に、暗号通信などで必要になるデジタル証明書を発行する機関
 

アカウントの保護

お客様の口座情報や全ての電子取引は128ビット暗号化技術により確実に保護されています。そして個人情報などは一度登録されると、エントロペイが保持する非常に安全なネットワーク内の最高水準のファイアウォールによって保護されますので安心してご利用できます。
 

入金におけるセキュリティ

クレジット/デビットカードからエントロペイに入金をする際、3D secure(インターネット上におけるより一層安全な金融取引を提供するために、Visa、Mastercardによって開発された新しい技術規格)によって保護されますので、入金の安全性もバッチリです。
 
 

以上のことからもエントロペイのセキュリティの高さは抜群であることがわかります。

ここがポイント!
エントロペイで利用するカードは「バーチャルカード」ですので、高度なセキュリティの中で安全安心なご利用ができます!
また料金前払いのプリペイド方式のため、不正使用や使い過ぎといった心配もありません!

 

エントロペイ(entropay)利用におけるメリット

無料で手軽に始められるエントロペイ

エントロペイでは、初回手数料や、年会費は一切かかりません。クレジットカードのように年会費がかからないのは良いですね。
 

対応ブックメーカーが充実!

エントロペイは多くのブックメーカーに対応しています。対応ブックメーカーは、以下の通りです。優良ブックメーカーが利用できるのは嬉しいですね!
 

資金の一元管理には最適

多くの優良ブックメーカーに対応しているエントロペイですが、複数のブックメーカーを利用するときでもエントロペイがあれば、口座の資金管理を快適に行うことができます。
 

アカウント口座への入金が手軽で便利

エントロペイの入金手段は、クレジットカードでの入金/銀行振り込みの2通りあります。たとえクレジットカードを持っていなくても、銀行振り込みがあるので安心です。
 

便利な個人間送金

友人同士での送金・着金がスムーズに行えます。もちろん通貨の違う自分のカード間でもスピーディに資金の受送信が行えます。
 

世界中で利用されるサービス

エントロペイは8カ国語に対応し、提供するバーチャルビザは何百万人もの利用者に受け入れられています。今後もさらに強固なネットワークセキュリティを提供し、利用者が増加していくことが予想されます。
 
エントロペイはもちろん日本語にも対応しています!(トップページのみ日本語非対応)
当サイトではエントロペイの登録手順から利用方法までわかりやすく説明していますので、登録の際はぜひご参考ください!
 
エントロペイ(entropay)の登録方法はこちら
▶︎エントロペイ(entropay)の口座開設方法【画像付き】

エントロペイ(entropay)の入出金方法はこちら
▶︎エントロペイの入出金方法など番外編【画像付き】
 
 

エントロペイ(entropay)利用におけるデメリット

ATM引き出しができない

エントロペイは日本のATMでの現金出金に対応していません。
 
しかしこのデメリットをなくす(むしろメリットが増える!)1番の手段として、「ATM出金可能なエコペイズ(ecoPayz)を併用」のありますので、ATM出金を考えている人たちも心配ご無用です!
 

エコペイズ(ecoPayz)の詳細を知りたい方は、以下記事を参照してください!
▶︎エコペイズ(ecoPayz)を徹底解説!

 

入出金可能なブックメーカー一覧

エントロペイで入出金ができるブックメーカーってどこ?

現在入出金ができるブックメーカーは以下のとおりです。

(2016.11.24時点)
 

エントロペイ(entropay)の基本情報

会社情報詳細

正式名称

Ixaris Systems Ltd

本社所在地

London and Malta, England

ライセンス

電子マネー発行資格はUK Financial Services Authority(FSA)により認定

事業開始

2003年

 

 日本語サポート体制

entropayホームページ

ログイン後のページより、日本語対応(トップページは日本語非対応)

登録サイト

日本語対応

お問合せ

Eメールアドレス:support@entropay.com
(日本語対応・24時間以内の返信)

モバイルサイト

ログイン後のページより、日本語対応

 

エントロペイアカウント情報

口座開設手数料

無料

維持手数料

無料

個人間送金手数料(エントロペイカード間)

0.2ドル

為替手数料

2.00%

対応通貨

EUR(ユーロ) / GBP(ポンド) / USD(ドル)

対応ブックメーカー

WilliamHill / PINNACLE / bet365 / win.com 等

 

入出金情報

entropyへの入金方法

クレジットカード、銀行送金

入金手数料

クレジットカード:4.95%
銀行送金:3.95%

入金額の口座反映スピード

クレジットカード:即時
銀行送金:2〜5営業日

出金方法

エコペイズ(ecoPayz)を利用したATM出金

 
 

エントロペイ(entropay)

エントロペイ(entropay)ロゴ

ネッテラーに代わる大注目のブックメーカー入出金サービス!対応会社が多く、安全性も最高水準◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1   follow us in feedly
  • Click♪ にほんブログ村 為替ブログ 海外FXへ

  関連記事

総合ランキング第1位のブックメーカー

第1位:WilliamHILL(ウィリアムヒル)

WilliamHILL(ウィリアムヒル)ロゴ

創業80年の老舗で信用度◎ボーナスも豊富で安心の完全日本語対応!まずは押さえておきたいブックメーカー

WilliamHILL

4.26

[口コミ19件]

  • 安全性
    ライセンス
    ジブラルタル
    事業開始年月日
    1934年
    SBR
    A
  • オッズ
    平均還元率
    93.22%
    オッズの種類
    100種類以上
    アジアンハンデ
    なし(3wayハンデ有り)
  • 使いやすさ
    日本語対応
    スマホ対応
    操作性
  • その他
    ボーナス
    豊富
    アービトラージ
    ライブストリーミング
WilliamHILL

PICK UP!口コミ

  

優良なブックメーカーby ゆったん

★★★★★5

世界のスポーツにお金を賭けるなら優良なブックメーカーが良いと思い、WilliamHillをご利用しています。 こちらは英国最大手で長い歴史があるブックメーカーだから安心してお金を賭けられ... 続きを読む

ブックメーカー初心者は日本語完全対応のウィリアムヒルで決まり!
信頼性・使いやすさ・オッズ・ボーナス・スポーツ、ベッドの種類....どれをとってもNo.1!
1934年創設、社員数1万人以上の世界最大ブックメーカー

エントロペイの
口座開設はこちら