ブックメーカーの解説サイトです。日本語サポートの充実した優良ブックメーカーの紹介や、入出金について解説します。

ブックメーカーで儲けたら税金はかかる?控除率は?確定申告は必要?

ブックメーカーでも税金を払うのか

いざブックメーカーに登録して、これからたくさん稼いでいこうと思っている方にとって心配なのは「税金」ですよね。

 

日本でも万馬券を当てた人が税金でいくらかとられたという話はよく聞きます。同じようにブックメーカーで稼いだお金も税金を払わなくてはならないのでしょうか。

 

日本・海外共にギャンブルで稼いだお金
↓↓↓
宝くじ以外課税対象

となっています

 

前年度の1月1日~12月31日までに獲得した賞金の総額を申告しなければなりません。

 

少額でも課税対象になってしまうのか

 

しかし、儲けた分が1000円くらいなのに申告しなければならないかというとそうではありません。

 

特別控除というものが存在し、ギャンブルやブックメーカーによって発生した利益が50万円以下であれば申告をする必要がありません。

 

そのため趣味程度でブックメーカーを楽しんでいる人であれば特に税金のことは気にしなくてもいいみたいです。

 

またこの50万という数字は副業としても優秀です。

 

他の副業だと
 

サラリーマンなど、企業に勤めている人
20万円を超えたら
自営業の方
38万円を超えたら

 

納税義務が発生します。

 

そのため、他の副業よりも余裕をもって取り組むことができます。

 

確定申告の手順

では実際に確定申告をする際に、どのように記入すればいいか、ですね。

 

確定申告用書類の収入金額等の欄に「一時」という項目があります。

 

そこに金額を記入していくだけです。この時かかった費用を引いた額を記入してください。

 

例)

10万円を元手に100万円を獲得した場合
記入する金額は100-10=90万円

 

あくまで利益の分を記入してください。

 

先ほども説明したように、この利益の金額が50万円以下の場合は申告しなくても大丈夫です。

 

例)

10万円を元手に50万円を獲得した場合
利益は50-10=40万円

この場合は50万円以下なので申告の必要はありません。

 

ブックメーカーでの確定申告は書類不要

確定申告といえば普通は様々な書類が必要になりますが、ブックメーカーで獲得した金額を申告する場合は書類は必要ありません。

 

そうすると、いくらでも虚偽の申告ができそうな気がしますが・・・?

 

実は日本の銀行などの専門金融機関は、1回につき100万円を超える海外送金を受けた場合、国税庁や金融庁に報告する義務があるため、虚偽の金額を申告しても税務調査を行えばすぐに発覚してしまいます。

 

そのため書類が無くても不正は行えないということです。

 

趣味で行う人も、投資として行う人も、正しい確定申告をして楽しくブックメーカーを利用しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1   follow us in feedly
  • Click♪ にほんブログ村 為替ブログ 海外FXへ

  関連記事

総合ランキング第1位のブックメーカー

第1位:WilliamHILL(ウィリアムヒル)

WilliamHILL(ウィリアムヒル)ロゴ

創業80年の老舗で信用度◎ボーナスも豊富で安心の完全日本語対応!まずは押さえておきたいブックメーカー

WilliamHILL

4.26

[口コミ19件]

  • 安全性
    ライセンス
    ジブラルタル
    事業開始年月日
    1934年
    SBR
    A
  • オッズ
    平均還元率
    93.22%
    オッズの種類
    100種類以上
    アジアンハンデ
    なし(3wayハンデ有り)
  • 使いやすさ
    日本語対応
    スマホ対応
    操作性
  • その他
    ボーナス
    豊富
    アービトラージ
    ライブストリーミング
WilliamHILL

PICK UP!口コミ

  

優良なブックメーカーby ゆったん

★★★★★5

世界のスポーツにお金を賭けるなら優良なブックメーカーが良いと思い、WilliamHillをご利用しています。 こちらは英国最大手で長い歴史があるブックメーカーだから安心してお金を賭けられ... 続きを読む

ブックメーカー初心者は日本語完全対応のウィリアムヒルで決まり!
信頼性・使いやすさ・オッズ・ボーナス・スポーツ、ベッドの種類....どれをとってもNo.1!
1934年創設、社員数1万人以上の世界最大ブックメーカー