ブックメーカーの解説サイトです。日本語サポートの充実した優良ブックメーカーの紹介や、入出金について解説します。

ブックメーカーは稼げる!その理由はオッズにあり!

ブックメーカーが稼げる理由

 

 

ブックメーカーが稼げる理由は大きく分けて2つあります。

 

1.オッズを決める方法

オッズを決める方法にはバリュミチュエル方式ブックメーカー方式の2つがあります。

 

バリュミチュエル方式

日本の公営ギャンブルでも取り入れられている方式です。
ギャンブルには胴元が存在します。

 

例えば日本の競馬であれば、胴元はJRAです。

 

実はバリュミチュエル方式ではこの胴元が必ず儲かるようになっています。

 

どういうことかというと、競馬などの日本のギャンブルには控除率と言うものが存在しており、
参加者から徴収した金額のうち、何割かがその場で胴元に入るようになっています。

 

競馬では
2割が控除率
8割が参加者に還元

に設定されています。

 

具体的に見ていきましょう。

 

例えば500人の参加者が100円ずつ、4頭の馬に賭けるとします。
この時、
全体の金額は500×100円=50000円
ですね。

 

このうち
50000円×0.2=10000円が胴元
50000円×0.8=40000円が参加者

 

に還元されます

 

Aの馬に250人、Bの馬に200人、Cの馬に40人、Dの馬に10人賭けたとしましょう。

Aの馬 Bの馬 Cの馬 Dの馬
賭けた人数 250人 200人 40人 10人
売上金 25000円 20000円 4000円 1000円

 

そうすると

それぞれの馬の配当金は
Aが勝った時 40000円÷250人=160円
Bが勝った時 40000円÷200人=200円
Cが勝った時 40000円÷40人=1000円
Dが勝った時 40000円÷10人=4000円

 

となります。

 

1人100円ずつかけているので

それぞれの倍率は
Aが160円÷100=1.6倍
Bが200円÷100=2倍
Cが1000円÷100=10倍
Dが4000円÷100=40倍

 

となります。

 

このように全体の金額の8割が参加者に還元されるため、参加者全員の収支はかならずマイナスになるように設定されています。
これがバリュミチェル方式です。

 

ブックメーカー方式

それに対してブックメーカー方式のオッズの決め方は、ブックメーカー各社がそれぞれ独自のオッズを発表します。

 

参加者はそれを見てどのブックメーカーを利用するかを判断します。

 

ブックメーカー側もあまりにも高い倍率を出すと自分が損をし、低い倍率だと参加者が確保できないため、
このオッズの決め方がブックメーカー各社の腕の見せ所となります。

 

ブックメーカー方式ではオッズは試合開始直前まで変動します。試合2週間前と試合前日ではオッズが変わっているということはあります。

 

しかし、実際に反映されるのは参加者が賭けた時点でのオッズであり、賭けた後にオッズが変動しても参加者には影響がありません。

 

ブックメーカー側は参加者が何人来てくれるか、いくらベッドしてくれるかは賭けが始まらないとわかりません。
そのため、場合によってはブックメーカー側が損をするようなこともあります。

 

逆に参加者側からすれば、日本の競馬なんかよりも断然儲かるというわけです。

 

2.アービトラージ

ブックメーカーが儲かる理由のもう1つがアービトラージという手法です。

 

アービトラージとは日本語でいうと「裁定取引」という意味です。ある場所では安く売られているものが、別の場所出ると比較にならないくらいの金額で売れることがあります。

 

例えば日本では水は安く売っていますが、フランスやドイツではワインよりも高い値段で売っています。

 

日本では
浄水処理施設が発展している
フランスやドイツでは
ワインを作る施設が発展している

 

このように、同じものでも場所が違うだけで全く値段も変わってくるのが仕組みが裁定取引です。

 

この仕組みをブックメーカーで取り入れたのがアービトラージという手法です。

 

ブックメーカーでは、各社が独自のオッズをつけます。そのためブックメーカーごとにオッズに違いが出てきます。

 

あるブックメーカーではAチームが有利だったのに、また別のブックメーカーではBチームのほうが高倍率になっているという状況もあるわけです。

 

もっと具体的に説明していきましょう。

 

イタリア対スペインのサッカーの試合が行われたとします。

 

各国のブックメーカーでは
イタリアのブックメーカーではイタリア1.8倍、スペイン2.2倍
スペインのブックメーカーではイタリア2.1倍、スペイン1.9倍

イタリアとスペインではオッズが違います。

 

さて、

この時
イタリアのブックメーカーでスペインに100ドル
スペインのブックメーカーでイタリアに100ドル

 

賭けたとしましょう

 

すると
イタリアが勝てば100ドル×2.1倍=210ドル
スペインが勝てば100ドル×2.2倍=220ドル

 

が手元に入ってきます

 

どっちが勝っても利益が生まれます。これがアービトラージです。

 

当然このようにきれいに行く機会はあまりありません、と普通ならなってしまうところなのですが
実はアートビラージのチャンスはかなり数多くあります。

 

数多くのブックメーカーに登録していれば、意外と簡単にできてしまう手法なのです。

 

ブックメーカーごとの倍率の差を瞬時に把握することができれば、簡単に稼ぐことができます。

 

「 ブックメーカーは稼げる!その理由はオッズにあり!」まとめ

日本の競馬・パチンコよりかはるかに稼ぎやすいし
難しいことでもないから
是非ともやってみてな!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1   follow us in feedly
  • Click♪ にほんブログ村 為替ブログ 海外FXへ

  関連記事

総合ランキング第1位のブックメーカー

第1位:WilliamHILL(ウィリアムヒル)

WilliamHILL(ウィリアムヒル)ロゴ

創業80年の老舗で信用度◎ボーナスも豊富で安心の完全日本語対応!まずは押さえておきたいブックメーカー

WilliamHILL

4.26

[口コミ19件]

  • 安全性
    ライセンス
    ジブラルタル
    事業開始年月日
    1934年
    SBR
    A
  • オッズ
    平均還元率
    93.22%
    オッズの種類
    100種類以上
    アジアンハンデ
    なし(3wayハンデ有り)
  • 使いやすさ
    日本語対応
    スマホ対応
    操作性
  • その他
    ボーナス
    豊富
    アービトラージ
    ライブストリーミング
WilliamHILL

PICK UP!口コミ

  

優良なブックメーカーby ゆったん

★★★★★5

世界のスポーツにお金を賭けるなら優良なブックメーカーが良いと思い、WilliamHillをご利用しています。 こちらは英国最大手で長い歴史があるブックメーカーだから安心してお金を賭けられ... 続きを読む

ブックメーカー初心者は日本語完全対応のウィリアムヒルで決まり!
信頼性・使いやすさ・オッズ・ボーナス・スポーツ、ベッドの種類....どれをとってもNo.1!
1934年創設、社員数1万人以上の世界最大ブックメーカー